シミができる仕組みを見てみよう!

シミ化粧品 → シミ化粧品-しみができるメカニズム

シミ化粧品-しみができるメカニズム

女性にとってしみは気になる肌のトラブルです。面積が大きいとやはり目立ってしまいますし、シミ化粧品で隠そうとしてもうっすらと見えてしまう事も多く、事前に防いでいきたいものです。

しみができる原因を把握しておくと、その原因を避けるようにして生活できるようになるため、しみができにくい肌を作るのに役立ちます。また、しみだけでなく他の美容に関するトラブルなども防いでいく事ができるので、基本的な事を学んでおきましょう。

しみができる原因となるのは、太陽の光に含まれている紫外線です。紫外線は目には見えない光ですが、人の肌は紫外線によりダメージを受けています。

そのダメージは思っている以上に大きく、肌を作っている細胞を壊してしまう力があるのです。この力によりダメージを受けた肌は様々な肌のトラブルを引き起こすことになり、その一つとしてしみも起こります。その他のそばかすやニキビ、乾燥肌などに繋がる事も多くあります。

紫外線が肌に当たると、そのダメージに対抗しようとして肌はメラニンという物質を多く作るようになります。肌の下層にはメラノサイトというメラニンを作る部位があり、そこからメラニンが作られます。
スプリング

メラニンは紫外線のエネルギーを吸収してくれる働きがあり、これによって肌は直接大きなダメージを受ける事なく紫外線に対抗する事ができます。メラニンはこうした良い働きを持っていますが、紫外線を吸収する事によって色が黒色に変化します。

これがしみの原因です。メラニンが黒くなり、それが広がって肌に色素が沈着してしまったものがしみなのです。メラニンは紫外線から肌を守る良い働きを持っていますが、こうしたデメリットも持っているのです。

こうした仕組みから、しみを防ぐにはメラニンが作られるのを最初から少なくすればしみはできにくいという事が分かります。つまり紫外線を避けるために対策を日ごろから行えばしみのできにくいきれいな肌を作る事ができるのです。

ハイドロキノンクリームで美白肌│しみの原因

しみやニキビは体の様々な部分にできますが、実は目には見えにくい所でできているという事もあります。その中でも意外と多いのが背中やデコルテにできるものです。

自分では痛みを感じるくらいにならないと中々気付かない事も多く、周りの人から言われて気付いて少し気まずかったという方もいるかもしれません。 こういった事を防ぐためにも、毎日のケアはとても大切です。 逆に言うと、ケアをしっかり行っていけば事前に予防ができ、きれいな肌を保てます。

しみには大きく2つの種類があります。 一つ目は日焼けによってできるものと、もう一つはニキビを始めとする肌のトラブルによるものです。 日焼けによるしみは、強い日焼けによってできるものです。

特に肌の弱い方などは日焼けの後にトラブルになりやすく、しみもできやすくなります。 夏は露出度の高い服も着たくなる時期ですが、肌のケアや紫外線対策はしっかりと行うようにして、できるだけ肌へのダメージを少なくしていきましょう。

肌のトラブルからできるしみは、例えばニキビは皮膚が炎症を起こしている状態です。年齢が高くなるほどこの炎症で肌に与えられるダメージは大きく、色素沈着という形でしみになる事が多いです。 そのため、ニキビができにくい肌を保っておく事が大切なポイントとなります。

油成分が含まれるものはニキビの原因になりやすいため、化粧品などで油分を含むものはなるべく避けるようにしましょう。 また、意外な所では着ている服の繊維が背中の肌にダメージを与えている場合があります。 特にレースなどは肌に刺激を与えやすい素材なので、気を使った方が良いでしょう。

また、インナーを上手く使うのも大切なポイントです。 キャミソールで肌に優しい素材を使っていたり、汗を吸収、発散させる作用が良いものを着ると、肌を清潔に保っておく事ができます。 それでもニキビができてしまったらあまり触らないようにして、清潔に保つようにしましょう。

紫外線の頭皮や髪の毛への影響

紫外線の対策を念入りに行っている方も最近は少なくないですが、実はそういった方でもケアがし切れていいない部分があります。 それが頭皮と髪の毛です。

頭皮や髪の毛には日焼け止めクリームを塗ったり、長袖の服を着て紫外線から守るという事ができないため、紫外線が直接当たりやすい部分です。 帽子を被って防止する事はできますが、常に被っている事が難しい場合もあるため、意識してケアを行っておく必要があります。

日本人の髪の毛は黒髪なので、とくに太陽の光のエネルギーを吸収しやすく、焼けやすいという特徴があります。 強い日差しの中で長時間過ごしていると、急激に日焼けをしてしまう事で頭皮がはがれおちてくる場合もあります。

また、頭の脂分である頭皮もこの日焼けの効果を促進する役割があります。 頭皮が焼ける際の油の役割を果たす事で、さらに頭皮が焼けやすくなります。 頭皮の脂はシャンプーでしっかり洗い落として清潔に保ちましょう。 頭皮が焼けやすくなるのを防ぐために、髪型を変えてみるという事も一つの良い方法です。 夏場は特に、髪を短くして髪型を変えるのもイメチェンにもなって良い方法です。

髪型がずっと同じだと、紫外線の当たり方も同じになってしまい特定の集中しやすい部分というのができる場合もあります。 部分的に頭皮のトラブルを引き起こしてしまう時もあるので、髪型を変えたり、髪を短めに切って貰う事で紫外線対策も意識しましょう。

頭皮のケアはトリートメントがお勧めです。 紫外線が当たることで頭皮は乾燥しやすい状態になります。 乾燥すると頭皮がはがれやすくなってしまい、フケの元にもなります。 トリートメントは頭皮に適度な水分と栄養を補給するものです。 定期的に頭に使う事で、紫外線を浴びてしまった後のケアを行う事ができます。

また、シャンプーなども、紫外線対策用のシャンプーなども市販されています。 紫外線の強い時期はこういったものに切り替えて使うのもお勧めです。