シミができる仕組みを見てみよう!

シミ化粧品 → シミ化粧品-しみができるメカニズム

シミ化粧品-しみができるメカニズム

女性にとってしみは気になる肌のトラブルです。面積が大きいとやはり目立ってしまいますし、化粧で隠そうとしてもうっすらと見えてしまう事も多く、事前に防いでいきたいものです。

しみができる原因を把握しておくと、その原因を避けるようにして生活できるようになるため、しみができにくい肌を作るのに役立ちます。また、しみだけでなく他の美容に関するトラブルなども防いでいく事ができるので、基本的な事を学んでおきましょう。

しみができる原因となるのは、太陽の光に含まれている紫外線です。紫外線は目には見えない光ですが、人の肌は紫外線によりダメージを受けています。

そのダメージは思っている以上に大きく、肌を作っている細胞を壊してしまう力があるのです。この力によりダメージを受けた肌は様々な肌のトラブルを引き起こすことになり、その一つとしてしみも起こり ます。その他のそばかすやニキビ、乾燥肌などに繋がる事も多くあります。

紫外線が肌に当たると、そのダメージに対抗しようとして肌はメラニンという物質を多く作るようになります。肌の下層にはメラノサイトというメラニンを作る部位があり、そこからメラニンが作られます。

メラニンは紫外線のエネルギーを吸収してくれる働きがあり、これによって肌は直接大きなダメージを受ける事なく紫外線に対抗する事ができます。メラニンはこうした良い働きを持っていますが、紫外線を吸収する事によって色が黒色に変化します。

これがしみの原因です。メラニンが黒くなり、それが広がって肌に色素が沈着してしまったものがしみなのです。メラニンは紫外線から肌を守る良い働きを持っていますが、こうしたデメリットも持っているのです。

こうした仕組みから、しみを防ぐにはメラニンが作られるのを最初から少なくすればしみはできにくいという事が分かります。つまり紫外線を避けるために対策を日ごろから行えばしみのできにくいきれいな肌を作る事ができるのです。