肝斑というシミ

肝斑の原因や対策は?

肝斑というシミ

ひとくちに「シミ」と言っても、その全てが紫外線のダメージ蓄積によって引き起こされている訳ではありません。テレビCMから一躍有名になった“肝斑(かんぱん)”は、そんな紫外線を原因としないシミの一つです。

紫外線を原因としない、という事は、紫外線が原因となるシミへのケアでは対処できない、という事。いくらシミケアを行っていても、全く改善が見られない!とお困りの女性は、ぜひ一度「もしかして、肝斑なのかな?」と疑ってみて下さい。

肝斑は正しいケアを行う事で改善が期待できるシミです。そのためにも、シミの正体をいち早く把握し適切なケアを行う事がスムーズな問題解決の鍵となってくるでしょう。

肝斑は出来る場所や形状に特徴があります。頬骨のあたりや口元・額などに、左右対称のモヤモヤとしたシミがあればそのシミは肝斑である可能性が高いかも知れません。

肝斑の原因は、主に女性ホルモンからの影響であると言われています。そのため女性ホルモンがダイナミックに変化する妊娠や、またホルモンに作用するピルの服用などが引き金となっているケースが多いようです。

また、精神的なストレスや紫外線によって発症・悪化してしまうとも言われています。肝斑の発症年齢は限られていて、およそ30代から50代頃に見られ、加齢とともに薄くなり、60代を越えた頃には消えてしまう事がほとんどです。一過性のシミではありますが、シミはシミですので無いにこした事はありませんよね。

自分自身に出来ているシミが肝斑であるとわかってるのであれば、内服薬によって効果的に治療する事が可能です。お薬でのシミケアとともに、肝斑の悪化を食い止める為の紫外線対策やストレスを溜め込まない生活スタイルを送るよう心がけてください。

肝斑は、お薬で薄くする事の出来るシミです。治療方法は他のシミとは異なるため、思い当たる点がある方は一度肝斑を疑ってみてはいかがでしょうか?肝斑を改善させて、若々しく健康的なお肌を手に入れましょう。

↑ PAGE TOP