ソバカスというシミ

ソバカスの原因や対策は?

ソバカスというシミ

シミにも様々な種類があります。そのシミの種類によって、ケアの方法も異なってくるでしょう。自身のシミの正体を理解せず、ただやみくもにスキンケアを行っているだけでは、ひょっとするといつまでたってもシミは薄くならないどころか悪化をしてしまうかも知れません。

自分自身にできてしまったシミの種類を理解する事が、正しいシミケアの第一歩なのではないでしょうか?

“ソバカス”という種類のシミは、誰でも聞いた事があるでしょう。頬骨や目元などにいくつものシミが散らばる様にして出来るのが特徴です。シミといえば老化現象、といったイメージをもたれるかも知れませんが、ソバカスに関しては思春期にあたる10代頃にできる事が多いタイプのシミです。

思春期にソバカスに悩まされている場合、その原因は遺伝による物であると考えて下さい。もちろん、紫外線からのダメージによって発生・悪化するシミですので、ソバカスへのケアで紫外線対策が間違っている、というわけではありませんが、自力でのケアではまず完全に解決させる事は不可能だと言っても良いでしょう。

しかし、思春期にできたソバカスは多くの場合成長とともに薄くなり大人になる頃には消えてなくなってしまう方も少なくはありません。

とはいえ、紫外線対策が全く無意味だと言う訳ではありません。ソバカスの出来やすい体質の方は元々が色白である事が多く、そのため人一倍紫外線からのダメージを受けやすい体質であると言われているのです。常日頃から紫外線対策を意識しケアを進める様に心がけて下さい。

また、大人になってからソバカスが発生してしまう事もあります。思春期にできるシミとは異なり、このソバカスは後天的なお肌のダメージが原因で、自然と薄くなる事は期待できません。むしろ放っておく事でさらに悪化が進んでしまうと考えられます。

もしも大人になってからソバカスが出来てしまったのであれば、今すぐスキンケアの方法やケアグッズを見直し、改善をする必要があるでしょう。

↑ PAGE TOP