炎症性色素沈着というシミ

炎症性色素沈着の原因や対策は?

炎症性色素沈着というシミ

全てのシミが、紫外線によるダメージから引き起こされている訳ではありません。毎日のケアや習慣の中には、紫外線意外にもシミを引き起こしてしまう原因が隠れています。自分自身のシミの正体を正しく理解する事で、より効果的でスムーズなシミケアを進めましょう。

炎症性色素沈着というシミを聞いた事はありますか?炎症性色素沈着は、シミの中でも傷跡に近い存在です。ニキビや虫さされによる炎症や傷・かぶれなどの肌トラブルの後、その傷がシミとして残ってしまった症状を指すシミの種類です。

一時的な傷跡が残る事は誰にでも経験はあるでしょうが、炎症性色素沈着は繰り返し同じ場所に出来てしまうニキビや、アトピーなど、慢性的に肌トラブルが続くうちに色素沈着を引き起こしてしまった状態です。

靴擦れや下着の金具など、いつも刺激されている場所が黒ずんでいたりするのもこの炎症性色素沈着によるものだと言われています。

生きていれば、どなたでも何らかの肌トラブルや傷に見舞われます。そのように私たちの身体に出来た傷跡は、お肌の代謝活動(ターンオーバー)によって奥がわのお肌に押し出される格好で素肌からはがれ落ちます。

本来であれば、この代謝活動によって素肌は何もない健康的な状態を保とうとするのです。炎症性色素沈着は、健康的な身体・お肌であれば備わっているはずの自己回復能力がダウンしてしまっているということですね。

もちろん、もともと傷である炎症性色素沈着ですので、時間の経過とともに薄くなる事も考えられます。 しかし上にも書きました通り、炎症性色素沈着ができるという事はお肌の新陳代謝が低下しているという事。自然に消える為にはかなりの時間が掛かるはずです。

シミケアで消すのであれば、美白成分を配合された化粧品でのケアを続けるかビタミンCを積極的に摂取するなどして治療する事は可能です。ターンオーバーを促すため、お肌の状態に合わせてケミカルピーリングをしてみても良いかも知れません。

↑ PAGE TOP