最強の美白成分ハイドロキノン

ハイドロキノンの美白効果について

最強の美白成分ハイドロキノン

肌の漂白剤と呼ばれる程、美白作用が強力とされているハイドロキノン。だからこそ、副作用の心配が多く挙げられていました。その為、日本では2001年の薬事法改正によって、規制が緩くなるまで ハイドロキノン配合の化粧品等は、医師の処方がある上で、使用が認められたものでした。

実際、従来のハイドロキノンは、強力な美白効果があらわれるだけに、肌に触れると、肌の弱い人には、かぶれや赤み、肌の刺激感(ピリピリする感じなど)白斑が出ると言う事例もあるそうです。

これは、ハイドロキノンの成分が、不安定な物質であると言う点にも関係があります。ハイドロキノンは非常に酸化しやすいもので、紫外線や熱ダメージを受けてしまうと肌トラブルを引き起こす事に繋がる成分へと変化してしまいます。

その為に、従来医師の処方にあったハイドロキノンに関しては「変色していたら、そのまま使用しないで下さい。」「冷蔵庫保管で、約2ヶ月が消費期限です」と言うように慎重に使用するものとされていました。

最近ですと、そんなハイドロキノンも、副作用の心配がなく、安心してお使い頂けるようにと“新安定型ハイドロキノン”ならぬものが開発されました。また、気化する速度も、次第に緩くなりますので 肌深部まで、ゆっくりと浸透していきます。刺激も低刺激となっています。

アレルギー症状の改善事例もあるそうです。しかも、美白作用はそのまま保たれている、といった、非常に優秀な成分と言えるでしょう。美白、美肌を目指す為に、ハイドロキノン配合化粧品を探す場合、安定化に対してのこだわりが明確あるかをチェックしてみても良いと思います。

ただし、誤った使い方をしない事も重要です。白斑(色が白く抜けた状態で皮膚が白くなる)になることもありますし、肌の状態をかえって悪化させてしまう場合もあります。また、塗布する範囲も、必ずシミや肝斑の出来ている部位にしましょう。あくまでも、顔全体に塗布する事は厳禁ですよ!

正しい使い方、量を守って、シミを改善していきましょう。

↑ PAGE TOP